長年フリーターだった人が正社員登用されることは可能でしょうか?私自身20代をフリーターで生活していましたが、30代半ばで正社員登用されたので可能だということができます。

 

 ただし、有名企業の皆が憧れるような職に就きたいというのであればそれなりの学歴や成績が必要になりなおかつサークル活動やボランティア活動などの実績も必要だったりします。ですからフリーターからの正社員登用を考えるときにそういう奇跡みたいな大企業のことを言っているのではありません。

 

 しかし正社員登用されて今度は人事面でどんな人を雇うかという目線でものを見るようになった時に、気付かされたことがあります。それはとにかく実践で役立つ人物が欲しいというときには、もちろん最優先なのは同じ職種での業務経験なのは仕方ありませんが、未経験者でもいいという余裕がある場合はやる気に加えて素質が見られるということです。

 

 この素質をどうアピールするかが未経験からの社員登用に大きくかかわってきます。その時に有効なのがフリーターとして培ってきた素質をアピールすることです。同じ業種や同じような業務があったならそのことをアピールできますし、責任感のある人を求めているようならアルバイト先でチーフや班長として責任を任されたことやレジ締めを任されていたことなどをアピールできるかもしれません。

 

 またアルバイト先で新人教育係担当であったという人は、だいたいその人自身も仕事の飲み込みが良く面倒見の良い人と考えられます。パートやアルバイトであっても何らかのキャンペーンでその人自身や勤務していたお店が表彰されたりすることはあるでしょう。そういうことも目標達成意識の高さや協力意識の高さの実績として語ることができます。

 

 人事担当者にもいろいろな方がいますので、すべての担当者がそういったことを高く評価するかどうかはわかりません。しかし、人を見るということのスペシャリストたちはアピール内容からどういう素質があるのか少しでも図りだそうとしています。フリーターだからと卑下しないで自分の実績を巧みにアピールしましょう。

 

おすすめページ
30歳が本当に必要な転職マニュアル特集
30歳はスキルアップの転職をしよう!

 

50歳以上の求人を探すときに知っておくべき項目
50歳以上の求人を探している方は今がチャンス!

 

http://xn--eckp2gv64luwoi9cpt6fqd3b.net/
中高年の就職を成功させるための秘訣!

 

高卒就職・.net
高卒の就職成功ルール!就活ガイドブック


このページの先頭へ戻る